中野区|耳鼻科|花粉症治療

かわかつ耳鼻咽喉科/花粉症治療 駐車場完備 車椅子やベビーカーをお使いの方は入口脇にあるインターホーンを押してください
東京都中野区新井1-37-3 TKビル1F TKビル1F
診療案内/花粉症 アクセス/花粉症

 診療時間 
午前 9:00〜12:30
午後 3:00〜06:30
土曜日午後は5:00まで
休診日 木曜・日曜・祝祭日

モバイルサイトQRコード

アイチケット順番予約/花粉症
パソコン・携帯電話(i-mode/EZweb/Yahoo!ケータイ)から御利用頂けます。
QR

携帯に予約URIを送る
 @ 

2番目の入力欄に設定する文字がない場合は
空欄のままで結構です
アイチケット順番予約



クリニック紹介
JR中野駅北口、西武新宿線新井薬師前駅沼袋駅より徒歩10分程度の中野区にある耳鼻科耳鼻咽喉科)クリニックです。駐輪場・駐車場(1台)も完備しております。
2001年12月開業以来、やさしくわかりやすい診療を心がけ、皆様の健康を願いのどの診療に努めてまいりました。花粉症治療も積極的に行っております。
2006年12月からは医院の待ち時間を少しでも短くしていただくために、自宅や職場から混雑状況の確認やオンラインで受付の順番確保をしていただくことのできるシステムを導入いたしました。
これからも地域密着の耳鼻科耳鼻咽喉科)として、皆様の健康管理に少しでもお役にたてるよう努力していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

★当院は高齢者助成の受託医療機関です。

 

 【窓口の受付とオンライン受付の時間は異なります(ご注意ください)】

[窓口受付] 午前8:30〜12:30 午後2:30〜6:30(土曜2:30〜5:00)

[オンライン] 午前9:30〜12:15 午後3:30〜6:15(土曜3:30〜4:45) 

                                             

 

 A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者数は引き続き多い状態が続いています。インフルエンザの患者報告が増えています(11/25)。

  A群溶血性連鎖球菌咽頭炎のの患者数は引き続き多い状態が続いています。感染性胃腸炎の患者報告が増えています。インフルエンザの患者報告が増えています(12/2)。

  A群溶血性連鎖球菌咽頭炎のの患者報告が更に増えています。感染性胃腸炎の患者報告が更に増えています。インフルエンザの患者報告が先週から倍増しています。水痘の患者報告が増えています(12/9)。

  中野区内のインフルエンザの流行は徐々に拡大しています。今週、小学生2校クラスがインフルエンザ様疾患による学級閉鎖を行いました。感染性胃腸炎の患者報告が更に増え、区内では警報開始基準値を超した区内5か所の保育園から感染性胃腸炎の集団発生が報告されています。復帰した直後に再度のおう吐や下痢等により感染源となるケースが見受けられるため、登園許可にあたっては、より慎重な判断をいただけますようお願いします。また、各施設におかれましては、利用者並びに職員の健康確認、基本となる手洗いの施行排便、汚物の処理、消毒等、しせてないのでの2次感染の防止等について、引き続き徹底した感染予防・防止対策をお願いいたします。A群溶血性連鎖球菌患者報告が更に増えています(12/16)。呼び出しボタン 

 インフルエンザの流行は徐々に拡大し、区内では注意報開始基準を超えました。今週、小学校3校5クラス、中学校1校1クラスがインフルエンザ様疾患による学級閉鎖またわ学年閉鎖を行いました。また、北部地域の保育園からは新たにインフルエンザA型による集団発生報告がありました。流行当初はB型の報告が多く寄せられていましたが、今週になってA型の患者さんが増えている模様です。感染性胃腸炎の患者の報告数は先週より減少しましたが、引き続き多い状態が続いています。A群溶血性連鎖球菌咽頭炎のの患者報告は多い状態が続いています(12/25)。

  区内では、インフルエンザA型76人、B型99人、臨床診断5人の計180人でした。今週、小学校4校7クラスがインフルエンザ様疾患による学級閉鎖または学校閉鎖を行いました。12月21日、東京都福祉局は、12/11〜17に都内インフルエンザの患者報告数は 医療機関からの患者報告数が流行注意基準を超え、流行がひろまっていると発表しました。今後、大きな流行へと拡大する可能性があるため、インフルエンザの防止、拡大防止のために、より一層の注意を払っていくことが重要です。感染性胃腸炎の患者報告数は先週より減少していますが、引き続き多い状態が続いています。集団発生報告のあった鷺宮の保育園では、下痢の激しかった2歳児が受信先の検査でノロウイルスと確定診断されています。A群溶血性連鎖球菌咽頭炎のの患者報告は例年よりかなり多い状態が続いています(1/9)。

  インフルエンザの患者報告数は今週も更に増加し、区内は注意警報開始基準値を大きく超えていました。インフルエンザのりゅうこうは、今後、学校の再開と共に再び拡大と思われますので、感染予防及び拡大の予防より一層のご注意が必要です。現在、都内にはインフルエンザ流行注意報が発令中です。感染性胃腸炎の患者報告は年末年始に減少していますが、今後もノロウイルス等の感染症に注意する必要があります。A群溶血性連鎖球菌咽頭炎咽頭結膜炎の患者報告数は年末も例年よりかなり多い状態が続いていた為、引き続き注意が必要です(1/13)。

  インフルエンザの患者報告数は先週より倍増し、区内は警報開始基準値(定点辺り30人)に迫る値となっています。第3週に入った1月16日現在、小学校5校6クラス(B型4、A型2)中学校1校1クラス(B型)がインフルエンザ様疾患による学級閉鎖を行っており、この他、2か所の保育園(A型とB型)からもインフルエンザの集団感染が報告されています。

現在、インフルエンザB型とA型の同時期流行が特徴となっているようです。都内にはインフルエンザ流行注意報が発令中です。感染性胃腸炎の増加しています。第3週に入って、2か所の保育園から0歳児を中心とした感染性胃腸炎の集団発生が報告されました。A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者報告数が増加しています(1/17)。

  インフルエンザの患者報告数は先週よりさらに増加し、引き都築警報開始基準値を大きく超えています。第5週に入った1月31日現在、小学校9校13クラス(B型10、A型3、不明2)、中学校5校14クラス(B型12、A型5、不明2)が、インフルエンザ様疾患による学級閉鎖または学年閉鎖を行っています。このほか保育園1か所から新規のインフルエンザ集団感染報告がありました。現在、インフルエンザB型とA型が同時流行しています。A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者報告数さらに増加しています(2/3)。

  インフルエンザ簡易検査の結果は、A型139人、B型339人A型B型同時要請1人、臨床診断8人の計485人でした。感染性胃腸炎の1歳女児はノロウイルス陽性でした。最近、幼児から学童期の水痘が多くなっていますが、いずれも水痘ワクチンを接種している児です。2回接種済みの児もいます。A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者数が多い状態が続いています(2/7)。

  インフルエンザの患者報告数は先週よりやや減少していますが、引き続き警報開始基準値を大きく超えた状態が続いています。現在インフルエンザB型とA型が同時期流行しています。A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者報告数は再び増加しています。水痘の患者報告数がやうあ増加しました(2/14)。

  区内のインフルエンザ患者報告数は第4週をピークに先週よりさらに減少し、今週は警報開始基準値を下回っています。第8週に入った2月21日現在、小学校1校1クラス(B型)がインフルエンザ様疾患による学級閉鎖を行っています。このほか保育園1か所(A型、B型)と入所の高齢者施設(A型)からインフルエンザの集団感染報告がありました。現在、インフルエンザA型とB型が同時期流行しています。A群溶血性連鎖球菌咽頭の患者報告数はやや多い状態が続いています(2/24)。

  区内のインフルエンザ患者報告数は流行警報の終息基準値以下に減少していますが、B型とA型の散発発生が続いているため、今しばらく感染に注意する必要がありますが、都内インフルエンザ流行警報は解除されました。A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者報告数はやや多い状態が続いています。水泡の患者報告数がやや増加しました(3/24)。

  A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者報告数はやや多い状態が続いています。区内のインフルエンザ患者報告数は減少しています(4/16)。   

 

  ゴールデンウイーク中の診察は暦どうりです。(4/25)

 

 A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者報告数はやや多い状態が続いています。南部地域の保育園から感染胃腸炎の散発発生報告がありました。インフルエンザ患者報告数はA型4人、B型1人の計5人でした(5/15)。 

  A群溶血性連鎖球菌咽頭炎のの患者数がやや多い状態が続いています。  

突発性発疹の患者数がやや増加しました。インフルエンザA型が2人報告されました(5/16)。

  A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者数がやや多い状態が続いています。突発性発疹の患者報告がやや増加しました。手足口病とヘルパンギーナ、気温が高くなる今頃から夏場にかけてが流行期となりますので注意が必要です(5/23)。

  A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者報告数はやや多い状態が続いています。伝染性紅斑の患者報告数が増加し、また一部の地域で咽頭結膜の増加もみられます(5/30)。

  A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者報告数は更に増加しています。咽頭結膜熱の患者報告数がやや増加しています。今週、百日咳が報告されました(6/6)。

  A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者報告数はやや多い状態が続いています。突発性発疹の患者報告数はやや増加しました(6/23)。

  A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者報告数はやや多い状態が続いています。呼吸器分泌物との接触によって伝染し、保育園・学校などでのみっせつな接触がかんせんを助長します。咽頭痛、発熱,苺舌等のほかまれに重症化する場合がありますので、ご注意ください。ヘルパンギーナの患者数はやや増加した状態が続いています。伝染性紅斑の患者報告数ははやや増加した状態が続いています(7/11)。

  A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者報告数は先週よりさらに減少していますが、、まだやや多い状態が続いています。手足口病とヘルパンギーナの患者報告数はやや増加した状態が続いています(7/25)。

  A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の患者数はややげんしょうしてきていますが、未だにやや多い状態が続いています。ヘルパンギーナの患者数は先週よりさらに増加しています(8/15)。




  

| 診療案内 | アクセス 

かわかつ耳鼻咽喉科
東京都中野区新井1-37-3 TKビル1F TEL.03-3389-8711
掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます © SetUp Inc病院検索